ピカチュウごはん ピカチュウごはん > コンテンツ > プレステHistory > PSX

PSX

SONYの プレステ2互換 ハードディスク搭載DVDレコーダー

PSX の仕様

[2003/12/13 発売予定] PSX

プレステと DVD レコーダを合体させたデジタル家電「PSX」が発表された。160GB モデルの DESR-5000が79,800円。250GB モデルの DESR-7000が99,800円。SCEI ではなく、ソニー内部で「Lモード」を開発していた部門による製品となる。プレステ1・2のゲームがまるまる遊べ、PS2本体+BBPack = 29,800円の価値はだまってついてくる。ほか、ゲーム以外の主な機能は次のとおり。

要するにハイブリッド(DVD+HDD)レコーダである。TV 番組を、HDD または DVD に録画できる家電で、VHS ビデオデッキの代わりに使ってください、というもの。必要な画面処理を PS2 のチップに担当させているおかげで、プレステ1・2のゲームが遊べてしまうが、ソニーではあくまでもゲーム機能は副作用の産物=おまけという位置づけに必死だ。

HDD へは、160GB タイプの場合 67 時間録画可能(標準画質)。撮り続けているとあふれてしまうので、DVD に無劣化でダビングできる。ダビング中は TV 録画ができない。また、DVD → HDD や、DVD → DVD という書き込みはできないので、レンタルビデオ屋で借りてきた DVD をダビングするということは不可能だ。録画モードと、録画時間との関係については、次にまとめた。

録画モード 画質 ビットレート 録画できる、おおよその時間
250Gモデル 160Gモデル DVD 1枚
HQ|||||||||||||||||| 10.0Mbps VBR 53時間33時間1時間
HSP|||||||||||| 6.7Mbps VBR 81時間51時間1.5時間
SP||||||||| (標準)5.0Mbps VBR107時間67時間2時間
LP|||||| 3.4Mbps VBR 164時間103時間3時間
EP|||| 2.5Mbps VBR 217時間137時間4時間
SLP||| 1.7Mbps VBR 325時間204時間6時間
マニュアル対応しないマニュアルレート設定には、将来対応を予定

内蔵チューナーについての性能を、こちらにまとめた。中堅なビデオデッキ相当という印象だ。発売月が地上デジタルの開始時期とかぶるが、普及にはあと数年かかるといわれており、PSX でも対応する予定はないと発表されている。

受信できる放送波 地上アナログVHF 1〜12ch
UHF 13〜62ch
CATV 13〜35ch
地上デジタル対応しない
BSアナログ1、3、5、7、9、11、13、15ch
BSハイビジョン対応しない
BSデジタル対応しない(2004年に対応モデルを検討)
WOWOW対応しない
機能 ゴーストリダクション 対応
3次元YC分離 対応
TBC(タイムベースコレクタ)対応
DNR(デジタルノイズリダクション)対応

DVD レコーダとしてみたときは、必要最低限の機能が揃っている入門機クラス。追っかけ再生(録画しながら、その番組を頭から再生)に対応。同時録画再生(録画中に HDD 内の他の番組を再生)に対応。ゲーム中の録画に対応。DVDのプログレッシブ再生可能。機能的にはとくに真新しいものは無い。DVD レコーダに付き物の「モーニング娘。の出演するすべての番組を録画」といった「お好み自動録画機能」には対応していない点に注意。映像・音声の入出力端子の対応は、SCPH-50000 と同等である。DVD 再生時の画質は「PS2並」と発表されている。

番組表は、放送派で受信する G-GUIDE を採用。インターネット経由の iEPG は用いない。イーサネット機能は(ゲーム以外に)当面は使い道がない。

DVD+RW には将来対応予定である。DVD+R のサポートの予定はない。

PlayStation2 としてみたときは、SCPH-50000 + "PlayStation BB Unit" 相当であり、FFオンラインも問題なく遊べる。ただし USB が 2ポート→1ポートに減ったので、タイムクライシス3で USB ガンコンを2台同時接続して、兄貴と弟で仲良く撃ちまくる等ということはできなくなったので、USB 周辺機器との組み合わせには注意。また、CPU と GPU が 90nm でワンチップで搭載されている点も異なる。これはすさまじく凄い。動作音は PS2 よりもはるかに静かとされているので、この 90nm プロセス化が大きく寄与していると思われる。