ミケネコ研究所 ミケネコ研究所 > htaccess リファレンス > CGI

CGI (Common Gateway Interface)

CGI スクリプトを有効にします。


CGI を有効にするには

拡張子 .cgi ファイルに、ハンドラ cgi-script を定義し、CGI スクリプトとしての実行を許可する .htaccess 記述は、以下のとおりです。

Options +ExecCGI
AddType text/html cgi
AddHandler cgi-script cgi

拡張子 cgi のドット(.)は、あっても無くてもかまいません。

1 行目の Options で、.htaccess ファイルがあるディレクトリ以下全部を、CGI の実行が可能な領域に設定します。2 行目の AddType で、.cgi の出力は text/html の MIME タイプを返すようにします。そうすることで訪問者のブラウザは、.html を受け取った時と同じように .cgi ファイルを扱います。3 行目の AddHandler では、.cgi ファイルを、CGI スクリプトとみなし、プログラムを実行するように定義します。

昔の参考書には、AddType application/x-httpd-cgi .cgi と指定する例がありますが、これは古い記述です。


ミケネコの htaccess リファレンス http://mikeneko.creator.club.ne.jp/~lab/web/htaccess/