ミケネコ研究所 / CommuniCa / HTMLタグ
CommuniCa 5
CommuniCa 5 で使える、HTMLタグ

CommuniCa 5 では、ほとんどの HTML タグが使えます。
どのタグを許可するかは、オーナー(設置者)が設定します。
ここでは、CommuniCa 5 の標準設定で使えるタグについて解説します。

2003.11.13 改訂
1. よく使われるタグ
これだけ覚えれば、たいていのことはできます。

リンク

面白い Web サイトを宣伝するときなどに使います。
まずは、これをマスターしましょう。

<A> </A> (リンク)

<A href="http://www.yahoo.co.jp">ヤフージャパン</A>
<A href="mailto:lab@mikeneko.ne.jp">私のメール</A>

CommuniCa には、URI オートリンク機能がついていますので、URL やメールアドレスを書くと自動リンクされます。

http://www.yahoo.co.jp
lab@mikeneko.ne.jp

フォントの見栄え

文章に、ちょっと見栄えを付け加えたいときに使います。

<I> </I> (イタリック体)

<I>ななめ〜</I>

<B> </B> (ボールド体)

<B>ふと字〜</B>

<STRIKE> </STRIKE> (取り消し線)

こんな<STRIKE>漢字</STRIKE>感じです。

<S> </S> (取り消し線)

こんな<S>漢字</S>感じです。

<U> </U> (アンダーライン)

<U>ここが重要!</U>

<TT> </TT> (タイプライタ風の等幅フォント)

<TT>A long long ago, we .... </TT>

<MARQUEE> </MARQUEE> (スクロール文字)
文字がスクロールします。

<MARQUEE>絶賛発売中!!! </MARQUEE>

フォントの大きさ

フォントの大きさを、一時的に変更します。

<FONT size="n"> </FONT> (フォントサイズ)
フォントの大きさを、1〜7の値で変更します。

<FONT size="1">ひそひそ・・・</FONT><FONT size="5">わっ!</FONT>

<BIG> </BIG> (大きいフォント)
今使っているフォントより、ひとまわり大きなフォントを使います。

ひとまわり<BIG>大きい</BIG>ね。

<SMALL> </SMALL> (小さいフォント)
今使っているフォントより、ひとまわり小さなフォントを使います。

ひとまわり<SMALL>小さい</SMALL>ね。

フォントの色

カラフルな文章で、強調しましょう。

<FONT color="#rrggbb"> </FONT>
フォントの色を、16進数で表現します。rr=赤の強さ。gg=緑の強さ。bb=青の強さ。16進数は、00〜FFまでの256段階で、赤、緑、青を組み合わせ、最大16777216色を表現できます。

<FONT color="#FF0000">あか</FONT>
<FONT color="#FF4500">しゅいろ</FONT>
<FONT color="#FF6666">ピンク</FONT>
<FONT color="#FF0099">赤むらさき</FONT>
<FONT color="#9900FF">青むらさき</FONT>

<FONT color="色の名前"> </FONT>
red、yellow、blueなど、英語で、色を決めます。100以上もの名前が使えます。

<FONT color="red">red</FONT>
<FONT color="green">green</FONT>
<FONT color="lightgreen">lightgreen</FONT>
<FONT color="gold">gold</FONT>

フォントの変更

<FONT face="フォント名"> </FONT>
表示フォントを変更します。face="第1候補,第2候補" のように指定できます。

Win/Mac 標準でついている欧文フォント
<FONT face="Arial,Helvetica">Arial(Win95), Helvetica(Mac)</FONT>
<FONT face="Times New Roman,Times">Times New Roman(Win95), Times(Mac)</FONT>
<FONT face="Comic Sans MS,Geneva">Comic Sans MS(Win95), Geneva(Mac)</FONT>
<FONT face="Impact,Chicago">Impact(Win95), Chicago(Mac)</FONT>
<FONT face="Courier New,Courier">Courier New(Win95), Courier(Mac)</FONT>

Win/Mac 標準でついている 日本語フォント
<FONT face="MS Pゴシック,Osaka">ゴシック体</FONT>
<FONT face="MS P明朝,平成明朝">明朝体</FONT>

Win/Mac 標準ではついてこないけど、よく使われている 日本語フォント
<FONT face="HG丸ゴシックM-PRO">丸もじ</FONT>

行と段落

意図的に、改行を入れたいときに使います。

<BR> (強制的な改行)
改行を入れます。

<P> (</P>) (段落)
文章の段落を意味します。終了タグは省略できます。

<NOBR> </NOBR> (改行禁止)
囲われた部分の、ブラウザによる自動的な折り返しを防ぎます。

<WBR> (改行禁止中の改行許可)
<NOBR> </NOBR>で囲われた部分で、改行してもよい位置を指定します。

整形済み文章

<PRE> </PRE>
整形済みの文章を表示します。
スペース、改行が、ちゃんと反映され、フォントは固定幅で表示されます。
注意) TAB 文字は、1 つのスペースに変換されるので意味がありません。
<PRE>
    りんご −−−−−−−−−  3個
    バレンシアオレンジ −−−  6個
    イチゴ −−−−−−−−− 24個
</PRE>

2. 掲示板で、よく使われるタグ
掲示板での書きこみに、よく使われるタグです。
もちろん、チャットでも使えます。

グループ化

文章をグループ化して、なにか意味付けを行います。

<DIV> </DIV>
ブロックレベルで、テキストをグループ化します。
右寄せ、左寄せ、センタリングなどの「構造」を記述するために使われます。

<DIV align="left">左寄せ</DIV>
<DIV align="center">センタリング</DIV>
<DIV align="right">右寄せ</DIV>

<CENTER> </CENTER>
<DIV align="center"> </DIV> の省略表現です。
ブロックレベルで、テキストをセンタリングします。

<CENTER>これはセンタリングの例</CENTER>

<ADDRESS> </ADDRESS>
問い合わせ先を記述します。

<ADDRESS>
サーブル
mail: sabre@mikeneko.ne.jp
url: http://mikeneko.creator.club.ne.jp/~sabre/
</ADDRESS>

上付き文字と、下付き文字

特定の言語や、数学記号などを適切に表現するために、よく用いられます。

<SUP> </SUP> (上付き文字)

S = 3.14r<SUP>2</SUP>

<SUB> </SUB> (下つき文字)

近年、CO<SUB>2</SUB>の濃度が上昇し、温暖化現象・・・

リスト

<UL> </UL> (順不同のリスト)
<OL> </OL> (順序づけリスト)
<LI> (</LI>) (リストの要素)
<UL>
  <LI>・あか
  <LI>・ももいろ
  <LI>・エメラルドグリーン
</UL>

<OL>
  <LI>1. はじめに
  <LI>2. シャチョーのおことば
  <LI>3. 今年の抱負
</OL>

<DL> </DL> (定義リスト)
<DT> (</DT>) 8定義)
<DD> (</DD>) (説明)
<DL>
<DT>ハッカー
  <DD>コンピュータにすごく詳しい人、の意味。
</DL>

テーブル

「表」を表示するのに使われます。昔は HTML のレイアウトを整えるのによく使われました。

<TABLE> </TABLE>
<CAPTION> </CAPTION> (表題)
<THEAD> (</THEAD>) (ヘッダー部)
<TFOOT> (</TFOOT>) (フッター部)
<TBODY> (</TBODY>) (ボディ部)
<COLGROUP> (</COLGROUP>) (列グループ)
<COL> (列グループの属性)
<TR> (</TR>) (行)
<TH> (</TH>) (セルの名前)
<TD> (</TD>) (セル)

画像

<IMG>
画像を埋め込みます。あまり大きな画像を埋め込むと、他の方の迷惑になるので、注意してください。また、掲示板によっては、いたずら防止のため、許可されていないところもあります。

ルビ

漢字などの上に、ルビを振ることが出来ます。

<RUBYL> (ルビ全体)
<RB> (</RB>) (ルビをふる対象)
<RT> (</RT>) (ルビ)
<RP> (</RP>) (非対応ブラウザのための括弧指定)

書き方:

<RUBY>
      <RB>CommuniCa</RB>        ← ルビが振られる文字
      <RP>(</RP>                ← (非対応ブラウザのための括弧指定)
      <RT>コミュニカ<RT>       ← ルビ
      <RP>)</RP>                ← (非対応ブラウザのための括弧指定)
</RUBY>
<RP> 〜 </RP> は無くても構いません。

ブラウザでの見え方:

CommuniCa ( コミュニカ ) と読みます。

RUBY 非対応ブラウザには、こう見えます:

CommuniCa (コミュニカ) と読みます。

3. あまり使われないタグ
「見ため」に地味なため、CommuniCa からわざわざ使われることは少ないでしょう。

語句の意味づけ

語句に「意味付け」を行います。どの意味がどう表示されるかは、ブラウザが勝手に決めます。

<EM> </EM> (強調)

<EM>強調</EM>したい

<STRONG> </STORNG> (さらに強調)

<STRONG>さらに強調</STRONG>したい

<DFN> </DFN> (定義)

<DFN>定義</DFN>

<CODE> </CODE> (プログラムのコード)

<CODE>print "hello!"; </CODE>

<KBD> </KBD> (キーボード入力)

c:\> <KBD>cd windows</KBD>

<VAR> </VAR> (変数)

<VAR>$string </VAR>

<CITE> </CITE> (引用)

<CITE>聖徳太子</CITE>は、おっしゃいました

<ABBR> </ABBR> (略語)

<ABBR>WWW</ABBR>

<ACRONYM> </ACRONYM> (略語)

<ACRONYM>WWW</ACRONYM>

引用

なにかの文章からの引用であることを記します。

<BLOCKQUOTE> </BLOCKQUOTE> (長文の引用)
ブロックレベルで、引用を表すときに使います。

ここで、憲法の第九条を引用しますと、

<BLOCKQUOTE>
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を
誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又
は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久
にこれを放棄する。
</BLOCKQUOTE>
のようなことが書いてあります。

<Q> </Q> (短文の引用)
インラインレベルで、引用を表すときに使います。

彼女は言いました。<Q>なんとかなるわ、がんばるもん!</Q>

変更点の表示

<INS> </INS> (新しく追加された部分)
<DEL> </DEL> (古くなった部分)

入場料は、おとな一人、<DEL>200</DEL><INS>230</INS>円です。

見出し

<Hn> </Hn>
章の見出しを指定します。n=1〜6 で見出しのレベルを指定します。文字サイズの指定として使いたいときは、<FONT size="n"> </FONT> を使いましょう。

<H1>H1見出し</H1>

<H2>H2見出し</H2>

<H3>H3見出し</H3>

<H4>H4見出し</H4>

<H5>H5見出し</H5>
<H6>H6見出し</H6>

引用・転載

このページをコピーして自サイトに貼り付けたり、ご自由に活用して下さい。このページへのリンクは自由に行ってかまいません。

CommuniCa ではスタイルシートは一切使えません。


CommuniCa ホームページ http://mikeneko.creator.club.ne.jp/~lab/cgi/communica/
お問い合わせ <lab@mikeneko.ne.jp>