ミケネコ研究所 / CommuniCa5.0 / 動作環境・注意事項
CommuniCa 5.0
動作環境・注意事項

設置の前に、一度目を通してください。

Readme


**********************************************************************
| タイトル | 『CommuniCa 5.0』
|ファイル名| communica_main.cgi communica_sub.cgi
|   種別   | CGIスクリプト webチャット&ボード
|  作  者  | Mikeneko Lab <lab@mikeneko.ne.jp>
| 動作環境 | Perl 5.001 以上
| 配布形態 | フリーウェア
|  転  載  | 無断転載・再配布を固く禁じます。
|   備考   | 改変利用を禁じます。
**********************************************************************

フリーウェア


CommuniCa を利用する際には、必ず画面内に次のような CommuniCa ロゴ

CommuniCa 5.0x

とリンクが貼り付けられます。このロゴを改変せず表示するかぎり、どなたでも、個人・学術・商用利用において、無償で使用することができます。

商用利用などにおいて、このロゴを表示したくない場合などは、有償となります。個別にご相談ください。仕様変更なども受け付けています。

以下は、CommuniCa のさまざまな利用における許諾範囲の一例です。

個人のサイト内で使用したいOK
会社のサイト内で使用したいOK
商用のサイト内で使用したいOK
デザインに凝った、自作のCommuniCa ゲートウェイ「mychat.cgi」を配布したいOK。
いいものが出来たら、ぜひ作者までお知らせください。
communica_main.cgi を改造して使用したい。NG
色のリストだけを、他の CGI で使いたい。NG

動作環境


CommuniCa は Perl5.001 以上が必要です。できるだけ最新の Perl をご利用ください。 要求バージョンは、予告無く変更することがあります。

自宅に設置するときなど、perl が必要なときは以下のサイトからダウンロードして下さい。商用プロバイダであれば、ほぼインストール済みです。

備考


注意事項


以下に同意できない場合は、CommuniCa を使用することはできません。

著作権侵害

スクリプトのデッドコピーはもちろん、原著作権者の許可無くスクリプトの一部の流用を禁じます。

著作権の侵害に際しては、民事事件として、「差止請求」「損害賠償」「名誉回復措置」を請求することができ、さらに刑事事件として、著作権法119条以下の罰則規定があります。

免責

CommuniCa の利用によって生じるあらゆる損害の責任は、利用者にあるものとします。

転載・再配布の禁止

原著作権者の許可無く、転載・再配布を禁じます。ただし、スクリプト内で再配布が可能と記されているもの(CommuniCa ゲートウェイがこれに相当します)は、この限りではありません。カスタマイズした CommuniCa ゲートウェイは、ご自由に配布して下さって構いません。

改変・変更の禁止

CommuniCa システムを原著作権者の許可無く、改変・変更してはなりません(同一性保持権)。また、スクリプトの一部を他のスクリプトに流用することを禁じます。
CommuniCa ホームページ http://mikeneko.creator.club.ne.jp/~lab/cgi/communica/
お問い合わせ <lab@mikeneko.ne.jp>